【音楽療法】ソルフェジオ周波数528hz+JAZZ MUSIC【自律神経の安定】

528Hzという周波数は別名 「愛の周波数」 とも呼ばれ、聴くだけでリラックス効果が得られると言われています。

音楽療法的には、528Hzの周波数で作られた音を聴くと、乱れた自律神経のバランスを整える作用があるのだそうだ。

自律神経失調症

交感神経または副交感神経のどちらかのバランスが偏ったり、交感神経と副交感神経の両方の働きが低下したりしている状態のことを言います。

日中(交感神経)⇔(副交感神経)夜間

人の自律神経は、日中は交感神経が優位になり、人は活発に活動ができる状態になります。そして、夜になると副交感神経が優位に切り替わり、人はリラックス状態に入って睡眠モードへと入ります。

しかし、日頃の肉体的、精神的なストレスが続くと、あなたの自律神経はいとも簡単にバランスを乱し、様々な身体的症状として現れます。

<自律神経失調症の症状>

睡眠障害、食欲不振、倦怠感、動悸、頭痛、胃痛、発汗、めまい、腹痛、下痢、吐き気、ふるえ、喉のつまり感、息切れなど。

ソルフェジオ周波数528hz

528Hzという周波数は別名 “愛の周波数” とも呼ばれ、この周波数を含む音を聴くと、リラックス効果が得られるといいます。

交感神経から副交感神経へとスイッチが切り替わり、常に高ぶっていた神経をリラックスさせることができます。

今日は、JAZZ MUSICを528hzの倍音「44352Hz」に編集しなおしました。とてもリラックスできます。安らぎの時間をお楽しみください。

ニコニコ動画で音楽を聴く

①00:00 – nc170882
②01:52 – nc174754
③07:50 – nc171853
④09:35 – nc173315
⑤19:50 – nc167178
⑥22:50 – nc166093
⑦27:33 – nc162302
※2回ループ
※音源をダウンロードする事も可能ですが、ソルフェジオ周波数で処理されていません。ノーマル音源です。ソルフェジオ周波数でお楽しみになる場合は、YouTubeまたはニコニコ動画でお聴きください。

最後に

ソルフェジオ周波数は、学術的な論文による裏付けはありません。

しかし、振動(周波数)によって物質の形が変化するのも事実で、人間の体の多くが水分でできている以上、共振による変化があっても不思議ではないと思います。

これまで、ソルフェジオ周波数が人間の身体に影響を与える事について、多くの専門家、大学教授、医療従事者などが肯定しており、私自身は効果があるものだと信じています。

もし、この音楽を聴かれて、何かしらの良い反応がありましたら動画のコメントに書き込んでいただけたらと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

STAR DUST BGM たのたん

if (function_exists('yarpp_related')): yarpp_related(array('template' => 'yarpp-template-relative.php')); else : get_template_part('related-entries'); endif;